8月7日  処分出来ない

先日、リサイクルショップから電話が入った。
「不要になって処分したい物があれば引き取りますが」、とのこと。

よくテレビで見るようなブランド品や金銀の飾り物など何もないと返事をした。
相手はなかなか切らない。
そこで、「レーザーディスクならありますが」、というと状態が良ければ引き取るという。

レーザーディスクを掛けるプレイヤーが、二台目も壊れてしまい見ることなく押入れに入れてある。
その後にDVDが出回り我が家も購入、レーザーディスクのことは忘れていた。

引取りに来るという日に押入れから出した。
全てビニール袋に入れてあるので綺麗だ。
c0150211_22224854.jpg

1995年と書いてあるのがあった、今から20年も前のもの。
枚数は数えていないが40~50枚位だろうか殆ど映画だった。
子ども用に「ホームアローン」や「米米クラブ」も3~4枚ある。
これらを80インチのスクリーンに投影し、前後に5個のスピーカをセットし楽しんでいたのだ。

別れを惜しみつつ業者を待っているとやってきた。
現品を見せると業者はビックリ。
「レーザーディスクは買取出来ません、値がつかないのです!」
「お金などいりません、持って行ってくれませんか」
「それは出来ません」
業者はLDプレイヤーと勘違いしたようだ。

結局、処分出来ずにまた押入れに仕舞い込んだ。
ゴミとして処分してくれるのだろうか・・・市役所に問い合せてみることにした。

今はDVDになっているがこれも数百本ある。
いずれこれらもゴミになるのだろうか・・・


今日の写真は7月31日、豪雨が止んだ後に、近くで咲いていたヒマワリ。

c0150211_22371767.jpg

c0150211_22372865.jpg

[PR]
# by steinm | 2016-08-07 22:48 | Comments(12)

7月28日  ちょっといい話

昨年、新築工事中の家にツバメの巣を作ってしまった話を何回かに亘って書いた。
優しい大工さんの計らいで無事にヒナは巣立っていった。

一度、作った場所にはまた翌年も来るのがツバメの習性。
家も完成し、新しい家族が住んでいる、果たして今年は来るだろうか・・・
バイトへの通り道、毎回気にしてみていた。

子育て中にあったツバメの巣は、その後、ダウンライトが付いている。
(下の写真の右は天井を張っただけの画だが)

巣はダウンライトに作ってしまうのだろうか、作るとしたらどのようにどのように作るのか・・・
興味を持ってこの家のダウンライト周辺を見ていた。
c0150211_1513348.jpg
c0150211_15131937.jpg


一週間ほど前、偶然家の中に入っていくツバメを見た。
道路には面しているが、よそ様の家、勝手に覗き込むことには躊躇いがある。
今日、バイトの帰りにそれとなくチラッと見ると、コーナーになる床にダンボールが敷いてあった。
そばには、床を清掃する小さめの「カッパギ」、そして、ダンボールから外れたツバメの糞も落ちていた。

そう、この家ではツバメを迎えてくれていたのだ。
昨年、ここで子育てしたツバメ、
「この家は安全だ」、と、思ったのだろう。
まだ、ヒナの声は聞こえてこないが、今年も無事に育って欲しいと願う。

新築にも係らず、ツバメの家を提供してくれたこの家に、ありがとう、と、ツバメに代ってお礼を言っておこう。


「ちょっといい話」のタイトルを書いていて思い出した。
NHKラジオ深夜便で放送の「深夜便の歌」を思い出した。
作詞家の荒木とよひささん作詞・歌をアップしたい。
残念ながらワンコーラスのみだが




今日の写真は、昨日、お盆のことでアジサイ寺に行ってきた。
境内には誰もいない、聞こえてくるのはセミの声くらい。
一輪のハスの蕾があったので縦横で撮影した。

c0150211_1601058.jpg

c0150211_1602123.jpg

[PR]
# by steinm | 2016-07-28 16:15 | Comments(22)

7月21日  台湾からのニュース

一度観光などで行くと、その国、その地に親近感が湧く。
同時に、事件、事故のニュースなどにも敏感になってくるのだ。

先日、このブログでも取り上げた「台風一号が台湾上陸」(7月8日)
その前日には松山駅のホームに入ってきた列車内で爆発が起きた。
この松山駅も列車で通った場所だ。

そして、19日にはツアーバスが炎上して、中国から来た観光客と乗員26人全員が死亡したとのニュース。
特に19日のバスはバス会社こそ違いがあるが、観光バスは同型のように見える。

実際に乗車してきた観光バス
c0150211_16102325.jpgc0150211_16163629.jpg









現地のガイドに質問した経過がある。
「台湾には自動車メーカーはなかったと思うが、どこの国から輸入してますか」 
「エンジンは日本の三菱ふそう製で、台湾で車体の組み立てをしてます」との答えだった。

観光から戻って席につくと安全ベルトをするよう必ず指示されていた。が、
このバスには果たして非常口は付いていたのか、その説明はなかった。
最後部にあるのだろうか・・・

バスには前と中間に乗降口はあるが、中間のドアも電動か油圧式かは不明だが、運転席からの操作だった。
座席は一階が運転席と荷物室、二階が座席になっている。
あのバスの車内での焼死・・・バス車内を知る身だけに何とも惨い事故だ。

心からご冥福をお祈りします。

台湾ツアーから帰って一か月にも満たないというのに、これだけ多くの事が起きている。
親日家の多い台湾、これからは沢山の良いニュースが届くことを待ちたい。


最近は暑さで写真を撮っていない。
今日は台湾について記した。
写真も台湾からアップしておこう。

・ヤシの木と寺院
c0150211_16592159.jpg

・巨大な狛犬(?)
c0150211_171428.jpg

・ドラマチックトーンで遊ぶ
c0150211_1725738.jpg

c0150211_1733663.jpg

[PR]
# by steinm | 2016-07-21 17:23

7月11日  日光 小田代ケ原

NHKテレビを観ていた写友、小田代ケ原の朝霧に漂う風景に圧倒されたらしい。
誘われて8日の金曜日、午前三時に出発して3時間半ほどかけて行ってきた。

初めて見た小田代ケ原、そこは盆地のような草原だった。
残念ながら、天候など自然現象で発生する光景などは、簡単に見ることは出来ない。

なお、途中から「低公害バス」に乗り換えるのだが、平日の一番バスは8時10分。
これでは、仮に朝霧が出ていても無理だろう。
夏期間の土日の一番バスは4時発だったと思う。
行くならこの時間に合わせてこちらを出なければならない。

折角来たので、木道で整備された小田代ケ原を一周してきた。
気温は20℃~22℃、前日までの暑さを忘れさせてくれた。

草原に白樺の木々、そんな風景を撮ってきたので、アップしておきたい。
(画像クリックで拡大写真)

・途中で見えた雲海
c0150211_1756353.jpg

・日光:竜頭の滝
c0150211_17571749.jpg

・小田代ケ原
c0150211_18253847.jpg

c0150211_1821669.jpg

c0150211_1824135.jpg

c0150211_184043.jpg

c0150211_1831242.jpg


7月10日、自宅裏の公園で久しぶりに光芒を撮ったので、アップしておきたい。
これも天候によって発生する光景、滅多にみることはない(6:30am頃)
c0150211_18101956.jpg

c0150211_18103318.jpg

[PR]
# by steinm | 2016-07-11 18:28

7月9日  台湾に強い台風が上陸

先日ツアーで行ったばかりの台湾に強い台風が上陸したニュースを見た。
ニュースでは飛ばされた看板や引っくり返った車などが映されて、台風の強さが想像出来る。

一度でも尋ねた国、街などで大きな事件・事故のニュースを見聞きすると非常に気になるものだ。
今回も上陸した台東の錦帯橋のような橋は・・・八仙洞の真っ白い仏像は・・・
そして、旅行中に出会った多くの人達や、屋台のようなお店は・・・

花蓮の街でスコールに遭った。
言葉は通じなくても「OK、OK!」と笑顔で雨宿りさせてくれた果物屋さん(写真の女性とは違う方)
c0150211_19105199.jpg

小川の水が低い方から高い方に流れる不思議な場所
「写真を撮らせて」というと、恥ずかしそうに横を向くおばちゃん
c0150211_19182064.jpg


高雄の夜、河べりを歩いていると「見て見て」・・・だと思う。
アプリでデフォルメした写真を見せながら「一緒に撮ろう」と言ってるような。
彼女のスマホに写ってる私の顔が見えた、おちゃめな高校生だろうか・・・
c0150211_20325833.jpg


あの台風の写真を見ると台湾はすっぽり雲で被さっていた。
台風の中心の右側が風が強いといわれるが、最終日の9份で出会ったお婆ちゃん、お爺ちゃん
お二人とも日本語を話すので少しの時間、話をした
写真を撮らせて頂いたが、何とも優しい表情だった
c0150211_19284772.jpg

c0150211_1930524.jpg


どうか被害が小さく無事でいて欲しいと願わずにはいられない。

蛇足だが、書きながら思い出したことがある。
まだ現役時代、一度だけ出張で台湾に行ったことがある。
行程は、東京―香港―台湾―香港―東京だった。
ところが、香港―台湾が台風で2日間飛行機が飛ばず苦労したことがある。
今回は直接の影響はなかったが、行ったばかりの台湾にこれだけ強い台風が来たとは。



[PR]
# by steinm | 2016-07-09 20:09 | Comments(14)

7月2日  台湾 最終

今回のツアーは朝・昼・夜の食事付き。
中国料理の好きな方、または旅友のように何でも食べられる人には恵まれた旅になる。
私は好き嫌いがあって現地で食べる中国料理はまず駄目だ。
勿論、日本での中華は好きで食べるが。
c0150211_17475884.jpg今回もふりかけと梅干を持って出かけた。
朝はお粥を梅干しで食べる、そして、パンとコーヒーだ。
野菜サラダは決して口にしない。
過去に香港で大変な経験をしているのだ。

毎食事は7品ほどが円卓に運ばれるが、ご飯物にふりかけでの食事に終始した。
帰宅後、体重計に載るとようやく夢の台に載ったのに、2Kgほど下がってしまった。
いまだに回復しない・・・2Kg増やすには数ヶ月はかかるだろう。
右の写真は花蓮から台北に行く特急列車で配られた弁当。
ご飯に用意したふぃりかけだけで食べた。

ツアー四日目の続き
太魯閣を歩いた後、再度、花蓮の街に戻って、台湾国鉄の特急列車に乗って台北へ。
・台湾特急列車日本車両製造で国内の特急とあまり変わりはない。
 進入する特急自強号
c0150211_1843542.jpg

 車内
c0150211_18688.jpg

・台北に着くと、ツアーのハイライトとなる故宮博物館へ
 一時間ほどガイドさんの説明で展示物を見る。
 何故か「開運!なんでも鑑定団」を思い出して、幾らの値がつくだろう・・・しばし考えた。
 残念ながらカメラも荷物も持ち込み禁止でコンデジでの写真
c0150211_18135570.jpg

c0150211_18142363.jpg

c0150211_18143489.jpg


・この夜は海辺のリゾートホテルに泊まる。
 旅行社のホテルランクではスーベリアクラスとのこと。
 台湾最終日の朝、早めに起きて海岸に行き、日の出を待ったが少々残念な結果だった。
c0150211_1824146.jpg

c0150211_18241671.jpg


・その後、最後の見学場所、九份へ
 ここは「千と千尋の神隠し」で日本でも有名になったようだ。
 台湾らしい路地のお土産やなど、時間があればゆっくり歩きたい場所だ。
c0150211_1915180.jpg

c0150211_19161522.jpg

c0150211_19163568.jpg

c0150211_19164621.jpg


4回に亘って台湾の観光写真をアップしてきましたが、これで終了とします。
お付き合い下さいましてありがとうございました。

4万円でチャリンチャリンとお釣りがくるツアー。
価格を考えれば本当に安く楽しめた旅行となりました。
[PR]
# by steinm | 2016-07-02 19:42 | Comments(20)

7月1日  台湾三日目、四日目(一部)

台湾は大陸に面した西側地域が発展している。
島の南北には5つの山脈があり、一番高い山はあの「ニイタカヤマノボレ一二〇八」で有名な新高山。
「新高山」で覚えていたが、今は「玉山(ギョクザン)」という名で、富士山より高い3952m。
そして、これらの山脈には100座を超える3000m級の山がそびえるという(日本は21座・・・)
台湾・・・現地ガイドさんの説明で初めて知ることばかりだ。

前置きはこの程度にして、この日は東側の花蓮に向かう。

朝、高雄の街の駅:美麗島駅に案内された。
世界10大美しい地下鉄駅の一つと言われてるとのこと。
それは
c0150211_14593352.jpg

c0150211_150194.jpg


その後、バスは3時間ほど走って「台東」へ
・三仙台、折角の海だったが駐車場から離れているのに20分のみ。
 近くまでは行く時間がなかった
c0150211_157692.jpg

c0150211_1585146.jpg

 台湾原住民:アミ族の歓迎  皆、美男美女だ
c0150211_1522369.jpg

・八仙洞
c0150211_15351678.jpg

c0150211_1552980.jpg

c0150211_15523087.jpg


この八仙洞から花蓮の街へ・・再び150Km:3時間
ホテルに荷物を置き、カメラぶら下げて街に出た。
出て間もなく猛烈な豪雨にあってしまった。
c0150211_154278.jpg

c0150211_15423844.jpg

c0150211_15431278.jpg

雨を撮っていると、目の前の人がピースサイン
c0150211_15433411.jpg


翌、四日目
台湾観光で期待していた日本でいうところの国立公園:太魯閣渓谷
美しい渓谷と大理石の産地で有名なのだが
c0150211_1559208.jpg

c0150211_16113221.jpg

c0150211_15594797.jpg

c0150211_1601428.jpg

c0150211_1604799.jpg

c0150211_1612371.jpg


日程に沿って記していくとなかなか終わらない。
何とか明日の更新で終わりにしたいのだが・・・
[PR]
# by steinm | 2016-07-01 16:12

6月30日  台湾二日目

台湾ツアーはこの日がスタートとなる。
日程に沿って簡単な説明と写真をアップしていきたい。

・「宝覚寺」。
ここには巨大な布袋様が鎮座している。
この布袋様のおへそを撫でるとご利益があるとか。
近くに小さな布袋様が置かれているので撫でてきた。
c0150211_17472781.jpg

c0150211_17474746.jpg

c0150211_1748066.jpg

また、この境内には日本人遺骨安置所もある。
c0150211_17531214.jpg


・彩虹眷村
90歳を超えるおじいさんが一人で描いたものだという。
ネットを通じて注目されツアーのコースになったようだ。
c0150211_19441484.jpg


・日月潭観光
 日月潭とは湖の形が太陽と月に似ているところから付いたという。
 空から見ないと形は判らない
c0150211_19202226.jpg

c0150211_19204692.jpg

 文武廟
 学問の神と武道の神が祀られている寺院
c0150211_19273120.jpg

c0150211_19275223.jpg

c0150211_19282231.jpg

・蓮池潭
 開運効果のある観光スポットになっている。
 龍の口から入った後、虎の尻尾から再び入るのだが、自身の今までの悪事(?)を反省してから虎の尻尾に入る。
 これで今までの悪事は許されるという。
c0150211_193619.jpg

c0150211_19431727.jpg

 
・高雄
その後、数か所寄りながら台湾第二の都市:高雄へ
ここでは高雄市内の夜景が見える場所に案内された
c0150211_18141016.jpg

c0150211_18143491.jpg


そして、ホテルに着いて、寝る前にタクシーで「愛河」へ
河沿いの夜景撮影を楽しんできた。
c0150211_18221729.jpg

c0150211_18231121.jpg


写真が多いので、また続きは明日アップします。




[PR]
# by steinm | 2016-06-30 19:48

6月29日  今回の旅行は・・・

確かGWの時だったと思う。
旅友と話をしながら、どこかへ行きたいな、と。
普通なら北海道となるところだが、6月~7月の時期は北海道のトップシーズンで費用が高い。
c0150211_15125276.jpg色々と話をしていていると、旅友は台湾には一度も行ったことがないとのこと。
こちらは仕事で一度だけ台北に行ったがどこも見ていない。
出張先担当者と、日本でも有名な小龍包のお店で昼食と台北の秋葉原と言われる電気街のみ。
観光で一度行くのも良いか、そう思って台湾行に絞る。

コース選択は私の担当。
5日間で安いツアーとなると団体で動く以外にない。
金銭的余裕のない我々、直ぐに決定。

そして、6月23日午後に成田空港を出発。
4冊目のパスポートはまだ一回の出国のみ、スタンプを見ると2010年。
6年ぶりの出国になる。
3時間半程で台北空港に着く、何とも近い外国だ。c0150211_1520524.jpg
ツアーなので空港には旅行社の看板を持ったガイドが待っている。
今回は36名の集団で移動する。
後に教えてくれた話では、この日は全部で4つのグループが来ていて、我々はNo.4になるという。
行く先々のホテル・観光地で同じ会社のツアー客と出合うのだ。

「台北」に着くと、待っているバスに乗って「台中」のホテルへ、約150Km:3時間とかなりハードだ。
途中、レストランで軽い夕食、そして、ホテルへ。

ひと休みして街に出たが、ホテルの周辺を歩いたのみ。
看板を見れば大凡のことが判る。
c0150211_15405443.jpg

c0150211_1541221.jpg

c0150211_16324170.jpg

c0150211_16223043.jpg

c0150211_16224462.jpg


屋台の食べ物を見ても、食べたくなる物は何もなかった。

今回はここまでにし、続きは明日にしたい。
[PR]
# by steinm | 2016-06-29 16:38

6月20日  アジサイ祭り

昨日、19日は地元のお寺:妙楽寺で恒例の「アジサイ祭り」が行われた。
年々この行事も知れ渡り、沢山の人達が来場されるようになった。
何もない地元が多少でも賑やかになるのは良いこと。
この日は朝の開会と午後に行ってきた。
これらの様子を撮ったので、記録としてアップしておこう。


・山門への混雑
c0150211_8535914.jpg

・開会セレモニー
c0150211_8543445.jpg

・本堂内両サイドに展示作品
c0150211_955538.jpg

c0150211_856764.jpg

c0150211_8571071.jpg

・写真展示コーナー(私も三枚)
c0150211_8583087.jpg

c0150211_98170.jpg

[PR]
# by steinm | 2016-06-20 13:45


毎日晴れ晴れした気持ちでいたい、そんな日記になれば、と思います。勿論、趣味の写真も貼ります。


by steinm

画像一覧