<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5月30日 遅れた私のGW

その2. 小さなお城と内アルスター湖

ハンブルグ到着二日目の朝、ここの朝食が忘れられない。
c0150211_20294335.jpgそれは、ただひとつ、パン。
表面はパリパリ、中はふわふわ、香りがフランスパンより淡い。
昔は3個食べられたのが今回は2個がきつかった。
これを食べると「ドイツに来た!」、と実感するパンだ。
パンさえ食べれば良いので、他の物を皿に盛っても残してしまうので少ない。

ゆっくりと朝食後、一日乗車券を購入(右の写真)、まずはハンブルグの中心にあるアルスター湖へ。
残念ながら曇天で湖も冴えない。
少しだけ街中を散歩して、昔、住んでいたアパートの周辺を歩いてきた。
c0150211_20363381.jpgそのころ、雲っていた空から太陽が顔を出し青空になった。
ここで、スマホを取り出す。
「晴れたら行こう」の候補地の一つだった場所を入力すると、直ぐに経路が出てくる。
それに沿ってバスに乗り、地下鉄の駅に出た。

さぁ、困った、一日乗車券には乗れるゾーンが決まっている。
これから行こうとする場所が、そのゾーン内に入るのか路線図を見ていると、若い女性が寄ってきて「助けますよ」と。
行く場所と乗車券を見せると、「問題ありません」、とに角、皆、親切だ。

目的地の駅を降りてスマホで地図検索、何と、歩いて35分。
この日は店の温度表示が28℃と予想外の暑さ、その中をひたすら歩いた。
あの田川陽介さんと蛭子さんのバスの旅、夏の暑い日の歩く姿を思い出した。
途中で喉が渇いてもコンビニはない、レストランでガス入りの水(炭酸水)を飲んでひと休み。
さらに歩いて、ようやく目的地「アーレンスブルグ城」が見えてきた。

c0150211_20372529.jpgこのお城、昔、失敗したところだ。
それは、日本でいうところの上り框があり、スリッパが用意されていた。
そのスリッパを見た時「大きいな・・」とは思ったが、靴を脱いでスリッパを履いた。
係員が来て「靴ごとですよ」と言ったのだろう、少々恥ずかしかったことを鮮明に覚えている。

今回は床が一体になっていた。
お金を払い、内部の写真が撮れるか確認したところ女性係員は「ナイン!」、と冷たいひと言。
そして、スリッパを履きながら、昔、ここに来てこのスリッパで失敗した話をしたところ大笑い。
靴を脱いでスリッパを履いたところを記念写真(私の靴は25㎝)
そんなことをしていたら、その女性係員が目で合図、「中の写真を撮っていいですよ」、と。
冷たい人と思ったが、意外に優しかった、「有難う」とこちらも目で合図。
後ろには怖そうな年配のおばちゃんがいた。

そんな昔の思い出のある、アーレンスブルグ城と、別の晴れた日に撮ったアルスター湖の写真を今回アップしたい。

・ようやく辿り着いたアーレンスブルグ城
c0150211_20493721.jpg

c0150211_20461715.jpg

c0150211_204634100.jpg

c0150211_2181833.jpg

c0150211_20502356.jpg

・夕方の街の中心にある内アルスター湖
c0150211_2105151.jpg

c0150211_214840.jpg

c0150211_2114671.jpg

c0150211_2161171.jpg

c0150211_212646.jpg

[PR]
by steinm | 2017-05-30 21:18

5月28日  遅れた私のGW

その1.

5月16日から私のGWがスタートした。
今年は自分にとっても一つの区切りの年。
このGW後に旅行を考えていた。

生まれてからずっとこの地にいるので私にはふるさとがない。
唯一、居を離れたのは今から38年前、1979年から5年間ドイツに駐在。
初めての海外、初めてのジャンボ機、何もかもが初めて尽くしだった。

ハンブルグでの休日には、時々子どもを連れては空港に行った。
そして、JALの成田行きを見送る、これに乗ると日本に帰れる・・・
駐在中はそのように思ったことも何度かあるドイツでの生活。

リタイア後にドイツには一度行ったが、人生最後の海外旅行には再びドイツに行きたい。
色々あったが、5年も住むと私にはこのドイツが“ふるさと”に思えるようになっている。
勝手に思っているだけだが。

昨年末にひとり旅の計画を立て飛行機とホテルを予約。
飛行機はどうしても乗りたいジャンボ機B747。

国内では全て引退してしまって乗ることの出来ないジャンボ機。
今は新しいジャンボ機として、B747-8が最新型だ。
もう一度、B747に乗りたくてLH(ルフトハンザ)も利用。

往復ジャンボ機でも良いが、往きは不幸な出足になってしまったANAのB787シリーズの-9の便を選んだ。
これも出発日・出発時間から一番安い運賃から選んだ結果だが。

前置きはここまでにして、16日の午後12時30分、B787-9は予定通り離陸した。
約12時間の飛行で当日の17時半にミュンヘン到着。
ここで、2時間半ほどの乗継待ち。
これもひとり旅には最高の時間、空港内をあちこち散策するのだ。
疲れるとコーヒーを飲みながらの休憩。

ミュンヘン空港に着くなりドイツ語が聞こえてくる。
石川啄木の短歌を思い出した。
「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく 」
啄木は聞こえて来た訛りを全て理解出来ただろう。
だが、私に聞こえてきた“ふるさと”と思うドイツ語は殆ど理解出来ない・・・これが大きな問題。

ミュンヘンからハンブルグまでは、距離にして800Km、飛行時間は1時間少々。
ハンブルグ空港では羽田で預けたバックを待っていると、私のバックだけがあの回転台に載っていた。
みな、機内持ち込みなのだろう・・・長距離便からハンブルグに来た乗客はいないようだ。
手元に来るバックを見て思わず笑ってしまった。

空港からホテルまではタクシー、色々な顔の運転手がいる。
ここはしっかりとドイツ語で行先を告げる、外国不案内と思わせないためにも必要。

この日から二泊するホテル、ここは駐在した時に4カ月ほど滞在したホテル。
私にとっても懐かしいホテル、今回の旅には欠かせない場所だ。

いよいよ翌日から、列車・電車・バスに乗り、行った先ではひたすら歩くことになる。

時々、価格が出てくるが1ユーロ=120円程だが、両替で135円見当になってる。
つい、1ユーロ=100円程度に換算してしまうせいか、サイフのユーロの減りの早いこと。
それも計算の内だが・・・

今回の行程はホテル9泊、機内1泊の10泊となったが、終わってみると短い旅だった気がする。
もう少し滞在したかったのが本音だ。
また、特筆すべきはスマホの便利さ、これさえあれば先進国ならどこでも行かれる気がした。


今日の写真は、出発空港の羽田とハンブルグ到着翌日のホテル周辺。
旅行中の写真は、
OM-D E-M1 レンズ:7-14F2.8  12-40F2.8  40-150F2.8  コンパクトカメラ:SH-1


・羽田空港内で(SH-1)
c0150211_9362867.jpg

c0150211_9364996.jpg

・二泊したホテルから見える風景とホテル
c0150211_9473710.jpg

c0150211_948163.jpg

・駐在当初、通勤に利用した駅近く
c0150211_9485839.jpg

[PR]
by steinm | 2017-05-28 10:20 | Comments(24)

5月14日  春のバラ苑

数日前の夏日になった暑い日、新聞に掲載されたバラ苑に行ってきた。
ここはいつも行く地元のバラ苑。
c0150211_14494125.jpg前日から(11日)「春のバラ苑」として期間限定でオープン(5月28日まで)
どのような組織かは知らないが、市とボランティアで運営されているようだ。

ネットでの開花情報では四分咲きとあったが、種類によっては随分と違いがある。
バラは開ききっているよりも蕾が開きかけてる時が美しい。
好みもあるだろうが・・・

そして今日、日曜日、雨上りのバラ苑に再び行った。
バイクで入口まで5分、入場してからが大変だが散歩と思えば苦はない。
10分程坂を上がるとバラ苑が俯瞰出来る。
バラ苑のほぼ全景は右の写真。

今日はそこからアップしておこう(本日撮影の写真もある)


一週間の始まりを日曜日とすると、私は今週から遅れたGWに入ります。
しばらくご訪問出来ませんが、戻りましたらまた伺わせて頂きます。


・バラ苑より
 5月12日
c0150211_14514458.jpg

c0150211_1452025.jpg

c0150211_1452281.jpg

c0150211_14575696.jpg

 5月14日
c0150211_15114282.jpg

 サックスの演奏 一曲目は「酒とバラの日々」だった
c0150211_1515058.jpg

[PR]
by steinm | 2017-05-14 15:14

5月6日  感動の受付対応

ユニクロの広告を見ると、何故か欲しくなる物が出てくる。
価格が高ければスルー出来るが、何とか買えるから困る。
仕事を終えてそのまま電車で9分乗るとユニクロがある。
広告で見て想像した物とは違ったが、2シーズン着られればOKと思い購入。

ユニクロに向かう時、店舗案内を見るとネットで予約した店の受付窓口があった。
少々不明なところがあったので立ち寄って確認。

予約内容はスマホに入ってるので見せると、直ぐに検索してくれて、結果、私が考えていた通り、これでひと安心。
確認出来ただけでも良かったのだが、受付の方は更にメモ用紙に書いた紙を渡してくれた。
丁重にお礼を言ってそこを立ち去った・・・が、後を見ると満面笑みの女性がいて、「ありがとうございました」と深々と頭を下げられた。
私の後をついていたのだ。

ファストフードなどで見る、肘を折ってお腹の辺りに手を重ねる挨拶が嫌いな私、何と美しい姿だろうと。
残念ながらその方の顔をよく見てなく思い出すことは出来ないが、もう一度質問を探して行ってみようか・・・
それは冗談だが、日本人の私でも驚き感動する受付対応と挨拶。
外国人が日本のサービスに良さに驚く、きっと、このような対応に驚いているのだろう。

お名前もお顔も思い出せませんが、心からありがとう。
メモ用紙に書かれていた文字も美しかった。


その帰り道、バイクで走っていると珍しい花。
多分、桐の花だろうが一本だけが道路沿いの空地に咲いていた。
一旦、帰宅してカメラを持って出かけた。
既にピークは過ぎているが綺麗な部分もある。
そこから数枚をアップ。

・標準ズームで
c0150211_20175982.jpg

・40150望遠ズームで
c0150211_20182314.jpg

・40150望遠ズームで月にピントを合わせて
c0150211_20185945.jpg

[PR]
by steinm | 2017-05-06 20:41 | Comments(17)


毎日晴れ晴れした気持ちでいたい、そんな日記になれば、と思います。勿論、趣味の写真も貼ります。


by steinm

画像一覧